«

12月 19

メリットデメリット

調停離婚や裁判離婚で離婚をする時に弁護士に相談をしなかった場合、自分自分にとって有利な主張を十分に出来ずそればかりか不利な主張とわからずに主張してしまう事があります。その場では慰謝料や養育費を取り決めても払ってくれず結局泣き寝入りになってしまったり、子供の親権が取れなくなってしまったりします。

弁護士に離婚の相談をするメリットは弁護士が自分の主張をわかりやすく書面にしてくれるため、事ががスムーズに進む点です。専門知識があるので調停や裁判で相談者に有利な主張をしてくれ、裁判所や調停に自分の代わりに出席してもらえるので期日が平日でも安心して任せる事が出来ます。離婚が成立して慰謝料や養育費を払わなかった場合の解決法を考えてくれます。

 

相談料が掛かる場合がありますが、無料で相談してくれる所もあります。着手して離婚成立まですると弁護士費用が掛かり今後の生活が苦しくなってしまうと元もこうもなくなります。民間で弁護士保険という保険があり、法律的に弁護士の力が必要になった場合に利用が出来ます。月々約3000円前後で加入でき離婚だけでなく事故やその他のトラブルで弁護士が必要になった場合に安心です。弁護士費用が掛かる心配や加害者との窓口にもなってもらえ心強い味方です。